試験の内容について

一次試験の出題範囲と内容

※出題例はこちらからご覧になれます。

一次試験の出題範囲について

試験課目 認定試験公式テキスト
出題範囲
内容
I―A基礎知識
〔省エネ、節電〕
第2章:基礎知識I エネルギー管理士試験において問われるレベルの知識の中から診断実務に重要と考えられる事項
I―B基礎知識
〔新エネ等上記以外〕
第2章:基礎知識II 新エネ(太陽光等)、蓄電池等の最新技術、固定価格買取制度、設備投資の経済性評価等の基礎知識
II 課題抽出能力 第3章:診断に関する知識 工場やビル等で使用する主要な設備・機器毎に、得られた運転データや情報を分析し、設問を通して課題抽出能力を評価します。
III 課題解決能力 第3章:診断に関する知識 工場やビル等で使用する主要な設備・機器毎に、改善案における省エネ効果等について、与えられた条件下で試算することを通して課題解決能力を評価します。

※一次試験問題は選択式、穴埋め式となっています。なお、電卓(使用可能な電卓については別途ご案内します。)の持ち込みは可能です。

二次試験/診断報告書の作成について

二次試験の診断報告書は、構成等は認定試験公式テキストの「第4章 1 診断報告書のまとめ方」の参考例にならって作成します。

認定試験公式テキストについて

※テキスト見本はこちらからご覧になれます。

エネルギー診断プロフェッショナルの認定試験を受験するに当たり、本テキストの記載内容を十分に学習することによって、合格レベルの実力が養成されます。専門的な技術知識の解説内容に加えて、診断事例に基づいた実践的な診断内容を充実させて、実際の診断現場でも役に立つような構成になっています。テキストとともに出題事例も添付して学習ポイントを提示します。