クリックして詳細版をご覧いただくには「診断プロフェッショナル認定」に合格し、「診断プロ倶楽部」にご入会いただく必要があります。

省エネ情報ニュース

  • 新しいエネルギー基本計画が7月3日に閣議決定されました 2018年7月13日
    経産省より。ご参考まで。 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   新しいエネルギー基本計画が7月3日に閣議決定されました ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  エネルギー基本計画は、2002年6月に制定されたエネルギー政策基本法に 基づき、政府が策定するものであり「安全性」、「安定供給」、「経済効率性の 向上」、「環境への適合」というエネルギー政策の基本方針に則り、エネルギー 政策の基本的な方向性を示すものです。  昨年8月より、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会等において、検討が 開始され、5月16日に素案を提示、その、パブリックコメント等を踏まえて、 閣議決定されたものとなります。 ◆エネルギー基本計画本文についてはこちらからご覧ください。 「第5次エネルギー基本計画」 http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/basic_plan/#head ◇本件に関わるニュースリリース 「新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました」 http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180703001/20180703001.html
  • 【環境省】働き方改革とCO2削減等の両立を応援する取組を開始します 2018年7月13日
    環境省より。ご参考まで。 http://www.env.go.jp/press/105647.html
  • ◇入札公告  平成30年度省エネルギー政策立案のための調査事業 他2件 2018年7月12日
    エネ庁より。ご参考まで。 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ◇入札公告   平成30年度省エネルギー政策立案のための調査事業   (特定エネルギー消費機器における現状分析調査事業) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  平成30年度省エネルギー政策立案のための調査事業(特定エネルギー消費 機器における現状分析調査事業)を競争入札に付します。 【入札説明会】  日時:平成30年7月12日(木)13時30分より  場所:経済産業省 別館5階 別館501会議室(別館面談室1) ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ◇入札公告   平成30年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査 (太陽光発電設備における廃棄等費用及び適正処理等の在り方に関する調査) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  平成30年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査(太陽光発電設備 における廃棄等費用及び適正処理等の在り方に関する調査)を競争入札に付し ます。 【入札説明会】  日時:平成30年7月13日(金)14時30分より  場所:経済産業省 別館1階 108各省庁共用会議室 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  ◇入札公告   平成30年度新エネルギー等の導入促進のための広報等事業   (住宅用太陽光発電のFIT制度買取期間終了に伴う広報事業) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  平成30年度新エネルギー等の導入促進のための広報等事業(住宅用太陽光 発電のFIT制度買取期間終了に伴う広報事業)を競争入札に付します。 【入札説明会】  日時:平成30年7月13日(金)11時00分より  場所:経済産業省 別館5階 501面談室3 ■詳細については、以下手順でご参照ください。  ○サイトから入る方法   当該案件は統一資格審査申請・調達情報検索サイト   (http://www.chotatujoho.go.jp/va/com/ShikakuTop.html) の   「調達情報検索(日本語)」→「一般競争入札の入札公示(WTO対象外)」→   「分類:物品・役務」→「調達機関:経済産業省」→   「調達機関所在地:東京都」→「検索」で見ることが出来ます。

会員ひろば

スキルアップ情報

  • ♢ シンポジウム「再生可能エネルギー100%の社会の実現に向けて-日本のマルチステークホルダーの取り組み-」の開催について 2018年7月3日
    2015年に気候変動を防ぐための国際協定「パリ協定」が採択され、再生可能エネルギーの導入に向けた機運は、国内、そして世界で大きく高まっています。本シンポジウムでは、再生可能エネルギーの導入において先陣を切る国内外のゲストをお招きします。そして、持続可能なエネルギーへの転換に向けて、これからの各界の取り組みを加速させるために、活発な議論を交わします。本シンポジウムは、政府・地方自治体・企業・NGOのマルチステークホルダーの協働による「タラノア対話」として実施されます。また会場は、日本で初めて自然エネルギー100%大学を目指すことを打ち出した千葉商科大学において開催されます。 ※タラノア対話とは タラノア対話とは、パリ協定の目標を達成するために、世界全体の温室効果ガス排出削減の取り組みに関する優良事例を共有し、目標達成に向けた取組意欲の向上を目指すものです。 日時:2018年8月23日(木) 13時~16時30分(開場12:30) 会場:千葉商科大学 7号館702教室(千葉県市川市国府台1-3-1) http://www.cuc.ac.jp/access/index.html JR総武線 市川駅下車 徒歩約20分。 [バス利用の場合は、駅前京成バス1番乗り場より松戸駅行または松戸営業所行に乗車 約10分、「和洋女子大前」下車 徒歩3分] 京成線 国府台駅下車 徒歩約10分 参加費:無料 参加申し込み方法: 以下のフォームからお申し込み下さい。 https://goo.gl/PWBv1n 以下のイベントページからお申し込み下さい。 https://go100re.jp/ 共催:外務省・環境省・イクレイ日本・CAN-Japan・日本気候リーダーズパートナーシップ(Japan-CLP) 協賛:自然電力株式会社・大和ハウス工業株式会社 協力:地球環境戦略研究機関(IGES)・千葉商科大学・Climate Action Network International・The Climate Group(予定)・ICLEI – Local Governments for Sustainability(予定)・We Mean Business(予定) プログラム(案)同時通訳あり ※プログラムは随時更新していきます。最新プログラムはこちらhttps://go100re.jp/ からご確認ください) ・主催者代表挨拶 中根一幸 外務省 外務副大臣 ・基調講演   ・パネル討論1 「再生可能エネルギー100%宣言の国内外の動向の最前線」 ・パネル討論2 「エネルギー転換の加速に向けて」 ・閉会の挨拶 環境省 (調整中)  [登壇予定者]※今後、変更の可能性があります。 石垣 友明 外務省 国際協力局気候変動課課長 大倉 紀彰 横浜市 温暖化対策統括本部企画調整部担当部長 小山 勝弘 大和ハウス工業株式会社 環境部長 中島 恵理  長野県 副知事 原科 幸彦 千葉商科大学 学長 ワエル・フマイデン CAN インターナショナル 代表 ラッセ・ブルーン  CAN インターナショナル エネルギー転換担当代表 三宅 香 イオン株式会社 執行役 環境・社会貢献・PR・IR担当 自然電力株式会社 (調整中) その他海外ゲスト(調整中) お問い合わせ: 100%REシンポジウム事務局(CAN-Japan事務局内)  TEL:03-3263-9210 Emailアドレス:100resympo@can-japan.org 連絡先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 代表 03-3581-3351 直通 03-5521-8249
  • 平成27年度省エネ診断・技術事例発表会開催のご案内 2015年11月20日
    省エネ推進の着眼点や具体的な実施方法について情報提供致します。 申込期日も迫っておりますので是非お役立てください。
  • 省エネ人材育成講座のご案内 2015年10月22日
    当センターでは、省エネの人材育成のために様々な講座をご用意しています。 今般、診断プロの資格をお持ちの方々にお役に立つ講座を11月に開催いたします ので、ご参加をお待ちしております。