クリックして詳細版をご覧いただくには「診断プロフェッショナル認定」に合格し、「診断プロ倶楽部」にご入会いただく必要があります。

省エネ情報ニュース

  • ■ 平成30年度省エネ大賞受賞者の決定について 2019年1月16日
    平成30年度省エネ大賞の受賞者が決定いたしました。 受賞者および受賞内容については、下記リンクをご参照ください。 https://www.eccj.or.jp/bigaward/winner18/index.html 省エネ大賞の表彰式および事例発表会について、ENEX2019「第43回地球環境とエネルギーの調和展」 にあわせて下記のとおり開催いたします。 受賞者による事例発表は、取り組み内容を深く知る絶好の機会です。ぜひ足をお運びください。 【平成30年度省エネ大賞 表彰式】 日時:平成31年1月30日(水) 10時15分~12時00分 場所:東京ビッグサイト 会議棟 レセプションホールA 【平成30年度省エネ大賞 受賞事例発表会】 日時:平成31年1月30日(水) 13時30分~16時45分 場所:東京ビッグサイト セミナーB会場(東1ホール会場内) 参加費:無料 プログラムはこちら→https://www.eccj.or.jp/bigaward/winner18/pdf/program01.pdf ※ご参加には「ENEX2019」の事前来場登録と、事例発表会への登録が必要です。  各登録はこちらから→http://nanotech2019.jcdbizmatch.jp/jp/Presentation/Info/Main/4
  • 平成30年度 エネルギー管理講習「資質向上講習」の受講について   特別に申込受付を再開します(平成31年1月4日~1月21日) 2019年1月15日
    平成30年度 エネルギー管理講習「資質向上講習」の受講について   特別に申込受付を再開します(平成31年1月4日~1月21日)  省エネ法の規定により、エネルギー管理企画推進者、エネルギー管理員を選任 している事業者は、この者に対して3年ごとにエネルギー管理講習「資質向上講 習」を受講させる必要があります。  今年度の受講対象者が所属する事業者には、昨年11月上旬に資源エネルギー 庁からエネルギー管理統括者宛に受講案内と申込書を送付しています。(※)  昨年11月末に、今年度の申込受付を終了していますが、お申込みがなかった 受講対象者のために、以下の期間、特別に申込受付を再開しますので、申込みさ れていない受講対象者の方は、この期間に必ずお申込みください。 【申込受付期間】平成31年1月4日(金)~ 平成31年1月21日(月) 【講習日】全国10都市にて平成31年2月13日~27日のうち1日間で実施 ◆申し込み方法及び講習日の詳細は、一般財団法人省エネルギーセンターHPに  掲載の申込み手引きをご覧ください。 【申込案内書】https://www.eccj.or.jp/mgr1/lctr-a/guide/index.html
  • ◇ 「コージェネシンポジウム2019」のご案内 2019年1月11日
    経済産業省 関東経済産業局より、ご案内です。ご参考まで。 一般財団法人コージェネレーション・エネルギー高度利用センターは、 「SDGsの視点をふまえた都市とエネルギーインフラ」をテーマにセミナーを 開催します。 ●日時  2019年2月7日(木) 12:50~19:00 (受付12:00~) ●場所  イイノホール&カンファレンスセンター 4Fホール      (東京都千代田区内幸町2-1-1) ●プログラム   12:50~13:30 【コージェネ大賞表彰式】  13:50~14:30 【基調講演】      「自治体、企業とSDGs -導入の意義、目的、方法-」        一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 理事長 村上 周三氏  14:30~15:00 【活動報告】      「コージェネのSDGsへの貢献と海外視察について」   コージェネ財団  15:00~15:45 【コージェネ大賞 理事長賞講演】      「民生用部門」「産業用部門」「技術開発部門」  16:00~17:30 【鼎談】      「スマートエネルギー社会と持続可能な街づくり」       鹿島建設株式会社 代表取締役社長 押味 至一氏       株式会社日立製作所 理事 サステナビリティ推進本部 本部長 荒木 由季子氏       コージェネ財団 理事長 柏木 孝夫  対象プログラムとして申請中です。プログラムを利用される予定の方は  「建築CPD出席簿記載」の項目について「ご出席」を選択してください。  公益社団法人 空気調和・衛生工学会の連携団体となっております。  申請予定の方は「SHASE-CPD申請予定」の項目について、  「ご出席」を選択してください。 ●詳細およびお申込みにつきましては、以下のURLからアクセスしてください。  https://www.ace.or.jp/aceseminar/seminars/detail/125/

会員ひろば

スキルアップ情報

  • ◇バイオマスセミナーin大阪を開催します ~都市バイオマスの有効活用から、新たな価値の創出へ!~ 都市編   http://www.dan-dan.com/o-biomass/ 2019年1月18日
    近畿経済産業局より、ご参考まで。 地域におけるバイオマス資源を有効活用することで、 循環型社会の形成ならびに地域活性化を目指す取組や事例等について紹介する セミナーを開催します。  都市部で発生するバイオマスをエネルギーや高付加価値な材料等として有効 活用することで、地域における経済活性化、雇用機会の創出、企業価値の創造、 SDGsの達成などを目指す自治体や企業が見られます。  本セミナーでは、都市部で発生するバイオマスをテーマに研究者や実践者に よる取組や今後の展望に関する紹介に加えて、講演者をパネリストに迎え、 「都市バイオマスの有効活用から、新たな価値の創出」について、その可能性 や課題について皆様と意見交換を行います。また、施設見学会も同日に開催し ます。  自治体や企業のご担当者はじめ、ご関心のある方はぜひご参加ください。 ◆開催日時:平成31年2月13日(水)施設見学会 10:30~12:00                    セミナー  14:00~17:30 ◆場所:施設見学会      大阪市平野下水処理場      大阪市平野区加美北2-6-69      【アクセス】地下鉄「南巽」駅から徒歩10分          JR「衣摺加美北」駅から徒歩15分     セミナー      大阪国際交流センター 3階「銀杏」      大阪市天王寺区上本町8-2-6      【アクセス】地下鉄「谷町九丁目」駅から徒歩8分           近鉄「大阪上本町」駅から徒歩6分 ◆参加費:無料 ◆定員:施設見学会 30名   セミナー 100名 ◆セミナー内容  ◇基調講演  「バイオマス有効活用の最新動向-多様化する取組、効果、価値-」   神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科長・教授 近藤昭彦氏  ◇講演・事例紹介 「バイオマスから生産するプロダクトのコストの考え方」   関西大学化学生命工学部生命・生物工学科 教授 片倉啓雄氏  ◇実践事例紹介  (1)「バイオマス発電事業を継続・発展させるためのポイント」    株式会社市川環境エンジニアリング 取締役/イノベーション事業室             新事業開発・再生エネルギー担当 中新田直生氏  (2)「様々な廃棄物・バイオマスの処理が可能な縦型乾式メタン発酵施設」    株式会社富士クリーン 企画部 次長 町川和倫氏  (3)「楽しい体験から広がるリサイクル事業の新たなムーブメント」    日本環境設計株式会社 取締役会長 岩元美智彦氏  ◇意見交換会「都市バイオマスの有効活用から、新たな価値の創造へ!」 ◆主催等  《主催》 近畿経済産業局  《後援》 大阪市  《事務局》株式会社ダン計画研究所 ◆申し込み方法  下記ホームページの申し込みフォームよりお申し込みください。  http://www.dan-dan.com/o-biomass/  もしくは、近畿経済産業局ホームページから案内チラシを入手し、  裏面に必要事項を記入の上、FAX(06-6946-9120)にてお申込みください。  http://www.kansai.meti.go.jp/3-6kankyo/H30fy/biomass0213.html ◆お問合せ・申し込み先  バイオマスセミナー事務局(株式会社ダン計画研究所内)   E-mail:biomass@dan-dan.com  電話:06-6944-1173   FAX:06-6946-9120
  • 【関東経済産業局】広域関東圏ガス事業高度化シンポジウム開催 2019年1月17日
    関東経済産業局より、ご参考まで。 ガス事業者各位の円滑な事業運営に資する取組みの一環として、広域関東圏ガス事業高度化シンポジウムを開催します。 エネルギー、エネルギー設備の利用・事業者の方々にも参考となる内容です。 ●日時 平成31年1月28日(月曜日)13:30~16:40(受付開始 13:00) ●会場 さいたま新都心合同庁舎1号館 2F講堂     (JRさいたま新都心駅下車 徒歩5分)     案内図等は、http://www.kanto.meti.go.jp/annai/shuhenzu/index.html ●内容  1.事例研究 (1)地域分散エネルギーの時代にむけて ~ERAモデルの実例より~ 静岡ガス株式会社 執行役員 エネルギー戦略部長 中井 俊裕 氏 (2)ESCOスキ-ムを活用した公共施設へのGHP導入支援 京和ガス株式会社 取締役営業部長 橋 宏和 氏 営業部 エネルギー営業グループマネージャー 石橋 和明 氏 (3)経営技術としてのRPAの本質 ~現状の実態と今後の方向性について~ 一般社団法人 日本RPA協会 代表理事 RPAテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 大角 暢之 氏 2.関連機器普及推進団体からのTake Note コージェネレーションによるエネルギーの高度利用と導入事例の紹介 一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター 普及促進部 担当部長 岡 雅博 氏 3.その他 (仮)サイバーセキュリティの重要性とIPAの取組について 独立行政法人情報処理推進機構 産業サイバーセキュリティセンター 副センター長 田辺 雄史 氏 ●定員 350名 ●申込方法 以下のホームページをご覧いただき、お申込みください。 http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/gas/20190128kanto_gas_sympo.html
  • ◇ 【関東経済産業局】 平成30年度 エネルギー使用合理化シンポジウムを開催します。 2018年12月27日
    関東経済産業局より、ご参考まで。 ◇ 平成30年度 エネルギー使用合理化シンポジウムを開催します 【関東経済産業局】 http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/shoene/3-5enegourika_sympo.html 関東経済産業局では、工場・事業場等でエネルギー管理に携わる方を対象に、 国の省エネルギー政策の方向性、省エネ施策の新たな視点や工場・事業場にお ける省エネ取組事例等の情報を幅広く提供するため、下記シンポジウムを開催 します。 ●日時 平成31年2月7日(木曜日) (開場・受付開始 12:00) ●会場 きゅりあん(品川区立総合区民会館)     東京都品川区東大井5-18-1 8階大ホール      大井町駅(JR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線)徒歩約1分 ●定員 1,000名(参加無料)     ※第3部 省エネ勉強会(イベントホール)は、定員300名 ●プログラム  開会(13:00~)   ・経済産業省 関東経済産業局 資源エネルギー環境部長 福島 伸一郎   ・関東地区電気使用合理化委員会 委員長 大亀 薫  第1部 講演(13:10~)  「省エネ政策の動向」   ・経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部    省エネルギー課長 吉田 健一郎  第2部 基調講演(14:00~)  「省エネ法に沿った省エネ活動の進め方」   ・東京電機大学 名誉教授 高村 淑彦 氏  第3部 事例発表・省エネ勉強会(15:05~)   【事例発表(大ホール)】    (1)省エネOJTによる全社を挙げたインバータ化、熱・蒸気、コンプレッサ     の省エネ推進   三菱電機株式会社    (2)エネルギーサービス事業を活用した省エネルギー改修事例「群馬県立     自然史博物館」  日本ファシリティ・ソリューション株式会社    (3)都心における次世代エネルギーネットワークについて~日本橋スマー     トエネルギー事業~  三井不動産株式会社   【省エネ勉強会(イベントホール)】 (1)攻めの「管理標準」の作り方~省エネの実効につなげるには~ ...