認定試験のご案内

本制度の趣旨・狙い

現在、エネルギー環境問題や震災後の節電推進の必要性の高まりの中で、工場、業務用ビル、公共施設、家庭などのあらゆる分野で、また我が国内外を問わず一層効果的なエネルギー管理が求められるようになっています。
特に今後は、従来からの省エネ・節電に加え、新エネ・蓄電、BEMSなどを含む最新の技術・ 手法を活用した「総合的エネルギー管理」が重要になってきます。また、このようなニーズの増大は、エネルギーソリューションビジネスなどの新しいビジネスの可能性を広げています。
そこで当センターでは、この「総合的エネルギー管理」がビジネス活動等を通じて推進されるよう、その中核となる人材を 発掘・育成する仕組み「エネルギー診断プロフェッショナル」(以下「診断プロ」という)の認定制度を創設することといたしました。

「診断プロ」取得のメリット

本認定試験に挑戦し、「診断プロ」認定証を取得すると、次のようなメリットがあります。

取得過程  総合的なエネルギー診断能力の向上
「診断プロ」試験のために特別に工夫されたテキストの学習、診断報告書の作成を通じて、総合的なエネルギー診断能力を高めることができます。
取得後  ハイレベルな診断能力の証(あかし)
「診断プロ」としての認定を通じ、エネルギー管理の専門的・総合的なコンサルティング能力が確認されます。これにより企業内のみならず、省エネビジネス(コンサル、ESCO、設備メーカー、エネルギー供給業、BEMSアグリゲーターなど)において顧客の信頼を一段と高めることができます。
 「診断プロ」ネットワークへの参画
当センターが起点となって、下記のような「診断プロ」のネットワークを構築し、メンバー間の情報交流、技術・制度関連の最新情報の提供、研修等のプログラムを実施しています。このネットワークの中で診断能力のスキルアップを効果的に図ることができます。
 活躍の場の拡大
省エネビジネスなどにおける活躍の場の拡大はもちろん、公的な活動への参画の機会も増大します。例えば、当センターが全国の中小企業等を対象に実施している「省エネ診断」事業において、「診断プロ」認定取得者は診断を実際に担当する「専門員」の候補となります。

「診断プロ」取得の主な想定対象者

「診断プロ」取得の主な想定対象者

「診断プロ倶楽部」によるネットワーク構築

「診断プロ」認定証を取得された方のために、当センターが母体となって「診断プロ倶楽部」を開設しています。

「診断プロ倶楽部」(仮称)によるネットワーク構築

当センターは反社会的勢力に対する方針を定めています。